太陽光投資は超かんたん!?何も知らないド素人でも投資家になれた話③

今野 彰久

著者 今野 彰久

スマートエネルギー事業部の部長です。
自身でも太陽光投資をしているため、投資する方の目線でのご紹介を得意としています。

製造業、日本を盛り上げるオンラインフェスのアーカイブ動画はこちら
------------------------------------------------------------------------------------------------

パート②に引き続き、早川さんに密着取材。スマエネ事業推進担当の中村さんに力を借りて、太陽光投資について学んできました!


今回は、いよいよ太陽光投資のコスト面について話を聞いていきます。初期費用の準備方法、ランニングコストを徹底的に質問しました。

1.初期費用は融資を利用して準備しよう

中村さん
中村さん
ここまでのお話、付いてこれていますか?
早川さん
早川さん
はい、バッチリです!きっちりポイントを押さえれば、利益を得られる優良案件を探すのは難しくないんですね。
中村さん
中村さん
その通りです。太陽光投資のトータルリターンは物件選定にかかっているので、重点的に学んで欲しいポイントの1つですね。

前回の記事:太陽光投資は超かんたん!?何も知らないド素人でも投資家になれた話②

中村さん
中村さん
つぎは初期費用についてご説明しますね。未経験者の方も何基か保有されている方も、初期費用は皆さん融資を受けています。信販会社を利用される方が多いんですけど、融資は大きく3つに分けられます。
金利(目安) 審査の厳しさ 審査期間
1.日本政策金融公庫 0.9〜2%前後 厳しい 数週間〜1ヶ月
2.銀行・信用金庫 1.0〜2.5%前後 非常に厳しい 数週間〜1ヶ月
3.信販会社 2〜4%前後 普通 1日~数日
中村さん
中村さん
日本政策金融公庫は、政府が運営している金融機関で「公庫」と略されることも多いです。一般的には金利が低いことで知られているんですけど、2.3%だったケースもあったと聞きました。必ず低金利で融資を引けるわけではないみたいですね。
早川さん
早川さん
審査が厳しいっていうのは、どういった風に厳しいんでしょうか?
中村さん
中村さん
銀行だと「属性」って呼ばれる、職種や勤続年数から求めた個人の経済状況が重視されるんですけど、日本政策金融公庫はどちらかといえば「事業者としての素養」を重視される傾向が強いと聞きます。
早川さん
早川さん
なるほどです。
中村さん
中村さん
ほかには、融資を受けたい金額の3〜4割ほど、自己資金が必要だと案内されたこともあります。創業計画書も作らないといけないので、正直求められることは多いです。
早川さん
早川さん
結構大変そうですね。2,000万円借りたいと思ったら、600〜800万円は必要なのか⋯⋯
中村さん
中村さん
ただ、公庫の場合は各支店によってかなり対応が異なるといわれているので、ここまでの説明がすべて正しいわけではないです。公庫は全国に152支店あって、私たちも全ての支店の情報を持っている訳ではないので。
早川さん
早川さん
ふむふむ。銀行はどうですか?
中村さん
中村さん
銀行もハードルは高くて、大手企業に勤務していたり公務員であったり「高属性」と呼ばれる立場ならともかく、平均的な年収の場合すんなり審査に通るケースは稀ですね。だから、皆さん信販会社を利用するケースが多いんですよ。
早川さん
早川さん
先ほど説明してくださった、アプラスとかジャックス、イオンクレジットといった会社のことですよね。確かに日本政策金融公庫も銀行も、かなりハードルが高そうです。
中村さん
中村さん
そうなんです。信販会社なら用意する書類も少なく、短期間で結果が出ますし、ハードルそのものはグッと下がりますね。
一般的な融資実行までの流れ
日本政策金融公庫
(数週間〜1ヶ月)
1.日本政策金融公庫の窓口に融資を相談
2.必要書類を提出して融資を申し込む
3.事業者と担当者による面談
4.公庫の職員による事業計画等の審査
5.審査の結果、問題なければ融資実行
銀行
(数週間〜1ヶ月)
1.銀行の窓口に融資を相談
2.必要書類を提出して融資を申し込む
3.事業者と担当者による面談
4.銀行による事業計画等の審査
5.審査の結果、問題なければ融資実行
信販会社
(1日〜数日)
1.販売業者と提携している信販会社に融資を申し込み
2.審査終了後に契約を交わし、数日以内に融資実行
早川さん
早川さん
融資と聞くと難しいイメージがあったので、手軽な手段が用意されているのはありがたいですね。
中村さん
中村さん
ただ、施工業者によって利用できる信販会社は異なるので、そこは確認するポイントですね。また、信販会社のなかでも審査の基準の違いがあります。
早川さん
早川さん
じゃあ、購入を検討している物件が、どの信販会社と提携しているか注意しつつ探さないといけませんね。
中村さん
中村さん
はい!だから、お客さまからは「ジャックスが使える、近畿地方の物件を探して欲しい」といった、信販会社ベースでの物件探しをお願いされるケースもあります。
中村さん
中村さん
皆さん、少しでも金利を低くして、かつ審査にも通りやすい選択肢を模索されていますね。金利がたとえ1%でも違えば、これくらい返済額は変わってくるので。
借入金利 融資金額 返済総額
金利2.5% 2,000万円 2,400万4,278円
金利3.5% 2,000万円 2,573万5,598円

※返済期間は15年

早川さん
早川さん
うわっ!金利が1%違うだけで、返済額が200万円近く増えるんですね⋯⋯

対話

中村さん
中村さん
融資金額が大きいので、たかが1%だと侮るのは危ないんです。初期費用を準備するとき、一番注目すべきポイントといっても過言ではありません。
中村さん
中村さん
あとは、初期費用を準備する段階で、ご自身でも収支シミュレーションをできるようになった方が良いかと思います。

2.収支シミュレーションは自分で計算しよう

中村さん
中村さん
早川さんが、このような収支シミュレーションを作れるように、計算の手順をお伝えしますね。

表

表

早川さん
早川さん
えっ?シミュレーションは、業者がやってくれるんじゃないんですか?

先ほど見せてもらった収支シミュレーションも、FAプロダクツさんが作成したものですよね?

中村さん
中村さん
もちろん、どこの業者も収支シミュレーションを用意して見せてくれますよ。でも、その資料が早川さんに物件を売りつけるために、都合良く作られていたらどうしますか?
早川さん
早川さん
いやぁ、そんなことないですよね?

中村さん

中村さん
中村さん
私、早川さんが詐欺に巻き込まれないか心配です。先ほども詐欺事例をいくつか紹介しましたけど、「業者だから大丈夫だろう」って疑わなかったから危険なんですよ?
早川さん
早川さん
確かに、ちょっと数字を操作されても素人は気付けないから、簡単に騙されるかも知れないです⋯⋯
中村さん
中村さん
そうです。売電収入は「予想発電量×売電価格」で求められます。このうち売電価格、つまりFIT単価はちょっと調べれば分かりますけど、予想発電量なんて自力で調べずに、書いてあるままの数字を信じそうになりませんか?
早川さん
早川さん
信じますし、なかなか発電量を調べようって発想にはならないですね。僕みたいな一個人でも、発電量を予想する方法ってあるんですか?
中村さん
中村さん
もちろんできます!NEDOというエネルギー問題の解決を目標にしている組織があるんですけど、このNEDOが提供している「日射量データベース閲覧システム」というサービスを使います。ここから求めた日射量を計算式に当てはめれば、予想発電量が分かるんです。
発電量の算出方法
年間発電量=データベースから求めた日射量×パネル容量×損失係数×365日

※より詳細な計算方法はこちらの記事で解説しています。

中村さん
中村さん
ただ、近ごろは発電量を伸ばすために、パワーコンディショナの容量より太陽光パネルの容量を多くする「過積載」というテクニックが一般的になってきています。たとえば、パワーコンディショナの発電容量を49.5kWのまま、太陽光パネルを100kWに増やすんです。
早川さん
早川さん
ほうほう。
中村さん
中村さん
そうやってパワコンに対して太陽光パネルの容量を2倍にすれば、発電量も増設した容量に比例して底上げされるんですよ!朝とか夕方とか、真昼みたいに太陽が当たっていない時間帯でも発電量を稼げるんです。
早川さん
早川さん
なるほど!ちなみに、過積載にも何かデメリットはあるんですよね?
中村さん
中村さん
いえ、目立つほどのデメリットはないですね。
早川さん
早川さん
そもそも、過積載は合法的なテクニックなのでしょうか⋯⋯

法に触れるギリギリの、ヤバい手法とかではないですよね?

中村さん
中村さん
実はここだけの話、ヤバい手法です。

早川さん

早川さん
早川さん
(え、マジ?)
中村さん
中村さん
というのは冗談で、もちろん合法的なものです。
早川さん
早川さん
僕、心臓強くないんで驚かさないでくださいよぉ⋯⋯

中村さん

中村さん
中村さん
あはは、ごめんなさい(笑)
中村さん
中村さん
でもデメリットは本当に少なくて、パネルを多く載せるので初期費用が高くなることと、昼間にパワコンの容量を超えて発電した分がロスされることくらいですし、一般的なテクニックですから気にしなくても大丈夫ですよ。
早川さん
早川さん
そうなんだ。安心しました。
中村さん
中村さん
ただ、無断でパネル容量を増やす「事後的過積載」を行うとペナルティを受けてしまいます。認定取得時の3%または3kW以上増設すると、売電価格が下げられてしまうので、あくまで売電前の認定段階で過積載を見越した容量を登録しなきゃいけません。
早川さん